2020/02/12

大人になってからのお絵かき! TOKYO REISM NIGHT 幸福な食卓デザイン 〜図工でふり返る「食の思い出」〜

「お絵かき」の楽しさを再発見できる「おとなの図工クラブ」

▲「お絵かき」の楽しさを再発見できる「おとなの図工クラブ」

リズム株式会社が運営するリノベーション賃貸ブランドの「REISM(リズム)」は、東京の暮らしがワクワク楽しくなるようなテーマを学ぶコミュニティースクール「TOKYO REISM NIGHT」を2018年1月より開催しています。TOKYO REISM NIGHTの最新イベント「幸福な食卓デザイン 〜図工でふり返る「食の思い出」〜」の体験取材を行ってきました。

この企画は地元愛が注目されている昨今、逆に「東京の今」に注目し、都内に住む人に対して「自分らしい生活を実現してもらいたい」という思いからスタートしています。

◆子供のころように自由気ままにお絵かきをする

大人が集まって図工をする新鮮な感覚

突然ですが、皆さんは大人になってから絵を描いたことはありますか?ちなみに私は絵を描くことが趣味なので、スキマ時間を見つけてはクロッキーを開いてサラサラと筆を走らせています。そんな趣味人や漫画家でないと、社会人になってから絵を描く機会は皆無と言っていいでしょう。TOKYO REISM NIGHTのゲストである「おとなの図工クラブ」代表の鎌田奈那美さんは、小学生の頃のように自由気ままに絵を描ける場所を提供しています。

「おとなの図工クラブ」代表の鎌田奈那美さん(写真左)

▲「おとなの図工クラブ」代表の鎌田奈那美さん(写真左)

「最近はまっている」というお題から導きだされたイラスト

▲「最近はまっている」ということ言うお題から導きだされたイラスト

”大人なのでビールを飲みながらお絵描きできる”

▲大人なのでビールを飲みながらお絵描きできる

食事前のワクワクした想いや美味しい匂いにほっこりした気持ちなど、その当時の背景を含めて「食の思い出」を語りあいながら、クレヨンを使って「思い出の味」を描くワークショップをはじめ、食卓を彩る装飾をチーム対抗で作り上げる「工作ワークショップ」を経験しました。

楽しかった家族との食卓の思い出をクレヨンで再現

▲楽しかった家族との食卓の思い出をクレヨンで再現

参加者全員の楽しい思い出がずらり

▲参加者全員の楽しい思い出がずらり

ただ鍋を食べるだけではなく飾り付け工作を共同作業する

▲ただ鍋を食べるだけではなく飾り付け工作を共同作業する

誰もが素直に楽しめる図工をツールに「食」を表現し語り合うことで、改めて『幸福な食卓』について考える機会となりました。たまには童心に帰って図工を楽しみながら、普段忘れかけていた「食の思い出」を語り合うのはいかがでしょうか?

TOKYO REISM NIGHT

◆会場:REISM STAND

◆住所:東京都渋谷区鴬谷町6-6 グリーンハイツ鶯谷2F

ライター:冨山孝幸

Category|#art