2019/12/21

今年のクリスマスはイルミネーションデート「ヨコハマミライト~みらいを照らす、光のまち~」

横浜少年少女合唱団とダンスチーム「S.I.P.H Entertainment Japan」

横浜少年少女合唱団とダンスチーム「S.I.P.H Entertainment Japan」

冬の横浜・みなとみらいエリアを鮮やかなイルミネーションで彩るイベント「ヨコハマミライト」。今年はさらにイルミネーションを拡大し、横浜駅東口からさくら通りまでの全長1.5kmと過去最大級のエリアで行き交う人々の目を楽しませます。ブルーやシャンパンゴールド、ホワイト、ウォームホワイトの約50万球のLEDストリングライトや、ステージ照明にも使用するLEDパーライト約60台を使用したイルミネーションは、横浜・みなとみらいの町並みを光で包み込みます。

様々なライトで照らし出された通りが1.5kmほど続く

様々なライトで照らし出された通りが1.5kmほど続く

点灯式であいさつするヨコハマミライト実行委員会委員長 藤田 格氏

点灯式であいさつするヨコハマミライト実行委員会委員長 藤田 格氏

今年の点灯式はダンスチーム「S.I.P.H Entertainment Japan」が手掛けるショートミュージカル風です。通常とは異なる点灯式に帰宅を急ぐビジネスパーソンも足を止めてダンスと音楽を楽しんでいました。

「S.I.P.H Entertainment Japan」によるショートミュージカル風の点灯式

▲「S.I.P.H Entertainment Japan」によるショートミュージカル風の点灯式

◆光と音がコラボするプロジェクションマッピング

ミナトミライトにかけて「ミ」と「ラ」の音階を奏でると星がまたたく

▲ミナトミライトにかけて「ミ」と「ラ」の音階を奏でると星がまたたく

ヨコハマミライトのメインエリアである「美術の広場」には、光のアーチで囲まれたストリートピアノが設置されています。このピアノはプロジェクションマッピングと連動しており、音と連動して映像と光がリアルタリムに変化するショーを楽しむ事ができます。

このイルミネーションの演出を手掛けた株式会社ネイキッドの山王堂 史恵氏はこのイベントの特徴について次のように語ります。「横浜駅東口から、そのままずっとグランモール公園を越えてさくら通りまでの全長1.5kmの区間にイルミネーションを配置しました。また今回の一番の目玉になるのがリアルタイムに映像と光が変化するグランドピアノです。このピアノは誰でも弾くことが可能で、音の強弱により映像の演出が変化します。さらにイベント名のヨコハマミライトにかけて「ミ」と「ラ」の音を弾くと星がきらめく演出が表示されます。また、女性向けのSNS向けのインスタ映えする場所をいくつか用意していますし、インスタグラムのハッシュタグ投稿キャンペーンやLUMIXタイアップのフォトコンテストも開催しているので、是非お越しください!」

株式会社ネイキッドの山王堂 史恵氏(写真右)

▲株式会社ネイキッドの山王堂 史恵氏(写真右)

同日、みなとみらいのランドマークプラザの1階では毎年恒例の「The Landmark Christmas 2019」と名付けられたクリスマスツリーの点灯式が開催されました。巨大なクリスマスに映し出される光と音のショーに加え、室内に雪を降らせる降雪イベントは集まった観客の関心を引きました。このクリスマスツリーはワールドカップ2019の日本代表選手であるトンプソン ルーク選手のタックルにより点灯されました。The Landmark Christmas 2019は12月25日まで開催しています。

クリスマスツリーを点灯するトンプソン ルーク選手

▲クリスマスツリーを点灯するトンプソン ルーク選手

なんとビルの中で雪が振ります

▲なんとビルの中で雪が振ります

冬の横浜で過ごすイルミネーションクリスマスで彼氏のハートをゲットするのはいかがでしょうか?

ヨコハマミライト
◆開催期間:2019年11月14日(木)~2020年2月16日(日)
◆点灯時間:16:00~23:00
◆開催場所:横浜東口~みなとみらい グランモール公園~さくら通り
※実施期間・場所・点灯時間などは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

The Landmark Christmas 2019
◆住所: 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2−1
◆開催期間:2019/11/14(木)~12/25(水)

レポーター:安藤ミレイ(株式会社ミシェルエンターテイメント)
ライター:冨山孝幸

Category|#event