2020/01/11

駅のホームで熱燗とおでんを楽しもう「おでんで熱燗ステーション」

特殊ぬる燗部門金賞の「賀茂泉 山吹色の酒」とレポーターの松本美樹さん

特殊ぬる燗部門金賞の「賀茂泉 山吹色の酒」とレポーターの松本美樹さん

世界最大の熱燗専門コンテストである「全国燗酒コンテスト実行委員会」は熱燗の魅力をより広く知ってもらうために、2020年1月9日から1月12日に日本酒を飲み比べできる「熱燗ステーション」をJR両国駅にて開催しました。

幻の3番ホームで熱々のおでんと熱燗に舌鼓をうつ

こたつマス席のチケットは4名セットで12,000円(税込)

こたつマス席のチケットは4名セットで12,000円(税込)

熱燗ステーションの会場はJR両国駅の「幻の3番線ホーム」と呼ばれる、現在は使われていない実際の駅のホームです。そこにはこたつ席も用意され、間近に電車の往来をながめつつ、赤ちょうちんがつり下がった昭和時代を彷彿とさせる雰囲気の中で、冬の風物詩である熱燗とおでんを味わうことができます。

紀文のあつあつおでんをホームで食べれる奇妙な感覚

紀文のあつあつおでんをホームで食べれる奇妙な感覚

幻の3番線ホームはレトロ感満載の不思議な感覚

幻の3番線ホームはレトロ感満載の不思議な感覚

熱燗ステーションは50分の入れ替え制になっていて、所定の時間までにJR両国駅の3番線に集合します。3,000円(税込)のチケットを購入すると試飲券10枚と、紀文のおでんシリーズ(赤からおでん、東京下町風おでん、静岡おでん、味噌仕込みおでん、だし自慢おでん)が1人前とお猪口が配られれます。4名分のこたつマス席は12,000円(税込)です。

新潟県にある高の井酒造株式会社の「軽快軽口 たかの井」最高金賞

新潟県にある高の井酒造株式会社の「軽快軽口 たかの井」最高金賞

全国燗酒コンテスト2019はキリンドラフトマスターズスクールで審査会を実施し、厳選な審査の結果、254点の入賞を2019年の7月31日に選出しました。部門は「お値打ち燗酒 ぬる燗部門」、「お値打ち燗酒 熱燗部門」、「プレミアム燗酒部門」、「特殊ぬる燗部門」の4つの部門のそれぞれで金賞と最高金賞を決定しました。

お値打ち燗酒 ぬる燗部門で金賞を受賞した日本酒は新潟県にある高の井酒造の「たかの井 清酒」は越後杜氏伝統の術で醸す渾身の辛口酒です。冷酒で飲むのも美味しいですがぬる燗でいただいても美味しいです。

金鵄盃酒造の「雪影」

金鵄盃酒造の「雪影」

喜久水酒造のにごり酒「白貴天龍」

喜久水酒造のにごり酒「白貴天龍」

愛知県の中埜酒造株式会社が提供する「上撰國盛 半田郷 純米辛口」はプレミアム燗酒部門で2年連続最高金賞を獲得したお酒です。42度のぬる燗でいただきました。

「上撰國盛 半田郷 純米辛口」はプレミアム燗酒部門で2年連続最高金賞を獲得

「上撰國盛 半田郷 純米辛口」はプレミアム燗酒部門で2年連続最高金賞を獲得

杉の香りが美味しさを引き立てるプレミアム部門最高金賞の「月桂冠 樽酒」

杉の香りが美味しさを引き立てるプレミアム部門最高金賞の「月桂冠 樽酒」

三重県の河武醸造が提供するお値打ち燗酒 熱燗部門で金賞を獲得した鉾杉

三重県の河武醸造が提供するお値打ち燗酒 熱燗部門で金賞を獲得した鉾杉

新年会もかねて、JR両国駅の幻のホームで熱々のおでんと熱燗で楽しい気分になってみるもはいかがでしょうか?

おでんで熱燗ステーション
◆開催日:2020年1月9日(木)~12日(日)
◆時間:(各回50分制)

9日、10日17:30~/18:45~/20:00~
11日12:30~/13:45~/15:00~/17:30~/18:45~/20:00~
12日12:30~/13:45~/15:00~
◆参加費 前売り 2,500円 / 当日券 3,000円
◆開催場所:JR両国駅 3番線ホーム
※日によって提供される日本酒が異なります。予めご了承ください。

レポーター:松本美樹(株式会社ミシェルエンターテイメント)
ライター:冨山孝幸

Category|#event