2019/03/15

春デートにオススメなテーマパーク!!「ムーミンバレーパーク」

ムーミンとのツーショット

フィンランドの絵本作家トーベ・ヤンソンが生んだ名作「ムーミン」。その可愛らしいムーミンは日本でも2度アニメ化し、子どもたちに人気がある親しみやすいキャラクターです。そんなムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」が、2019年3月16日に埼玉県飯能市にあるメッツァビレッジ内にグラウンドオープンします。マイカワイイでは、いち早く「ムーミンバレーパーク」の見どころをご紹介します。

◆ムーミン物語をリアルに追体験できる様々な施設

ムーミンバレーパークのウェルカムゲートは本をモチーフにしたもので、ムーミンやスナフキン、ミイなどのおなじみのキャラクターの形で入り口がくり抜かれていて、訪れる人の目を楽しませています。入り口のゲートには地元飯能の西川材を利用したキャラクターモニュメントが道を彩っていて、どのキャラクターなのかを当てるのも楽しみの一つです。

ムーミンの形でくり抜かれたウェルカムゲート

▲ムーミンの形でくり抜かれたウェルカムゲート

エントランス施設「はじまりの入江」には、ムーミンママによるオリジナルパンケーキを提供するレストラン「レットゥラ」や、ムーミンに関するオリジナルグッズを販売するショップ「はじまりの店」などがあります。静かな湖畔を見ながらパンケーキに舌鼓をうつのもアリです。

多種多様なパンケーキや食事を提供するパンケーキレストラン「レットゥラ」

▲多種多様なパンケーキや食事を提供するパンケーキレストラン「レットゥラ」

ムーミンバレーパークのメインエリアであるムーミン谷エリアは、ライブが開かれる「エンマの劇場」や「水浴び小屋」、「写真スタジオ」、「アーケードゲーム」、「ムーミン屋敷」や「リトルミイのプレイスポット」など楽しい施設がたくさん有ります。

アニメでもおなじみの水浴び小屋

▲アニメでもおなじみの水浴び小屋

アーケードゲームでは2種類のゲームを楽しみことができます。一つ目が「トゥーティッキのフィッシング」はハンマーでお魚を飛ばして的に入れるゲーム。二つ目が彗星に見立てたボールを転がしてゴール穴にいれる「おさびし山チャレンジ」。どちらも成功するとムーミンかミイのぬいぐるみがプレゼントされます。1回500円(税込)で3回チャレンジできます。

トゥーティッキのフィッシング

▲トゥーティッキのフィッシング

成功したのでムーミンのぬいぐるみをゲット

▲成功したのでムーミンのぬいぐるみをゲット

フォトスタジアムは1回2000円(税込)

▲フォトスタジアムは1回2000円(税込)

◆原作を忠実に再現した「ムーミン屋敷」

ムーミン谷のメインエリアにはアニメでお馴染みのムーミン屋敷があります。この屋敷は原作者の図面を忠実に再現したものです。地下1階から屋根裏部屋まで見ることできる一人1,000円(税込)のツアーコース(要予約)があるので、体験してみましょう。当日券はあるのですが、競争率が高いため予約は必須です。見どころは地下1階のニョロニョロです。

原作を忠実に再現したムーミン屋敷

▲原作を忠実に再現したムーミン屋敷

小腹が空いたらメインエリアにある「テイクアウトフード」のホットドッグでお腹を満たしましょう。メインエリアに流れる小川にかかる橋はスナフキンが、釣りしているおなじみの場所です。

焼き立てのホットドッグ

▲焼き立てのホットドッグ

アニメでおなじみの橋

▲アニメでおなじみの橋

「リトルミイのプレイスポット」はミイがムーミンの家に居候している謎を知ることができる楽しい映画です。ムーミンマニアなら常識の話ですが、その謎を知っているファンにも楽しめる映画に仕上がっています。

リトルミイのいたずらが炸裂する「リトルミイのプレイスポット」

▲リトルミイのいたずらが炸裂する「リトルミイのプレイスポット」

ムーミンの世界観とトーベ・ヤンソンの芸術感にふれることができる展示施設「コケムス」は、フィンランド語で「体験」という意味をもちます。ここではその名の通り体験型の展示物が多数展示されています。インタラクティブな体感展示絵本「それからのどうなるの?」を始めとした楽しいアトラクションが数多くあるので、夢中になること請け合いです。また、オリジナルのバッジ作りや、パークオリジナルのジェルネイルなど女子心をくすぐるモノづくり体験ができます。

ムーミンの世界観とトーベ・ヤンソンの芸術感にふれることができる展示施設「コケムス」

▲ムーミンとトーベ・ヤンソンの世界観を表現した展示施設「コケムス」

インタラクティブ体感展示

▲インタラクティブ体感展示

本格的にお腹が空いたら、コケムス内のメインレストランである「ムーミン谷の食堂」でお昼を食べましょう。マイカワイイのオススメがスナフキンの帽子をイメージした「緑の帽子パスタ」と「青い帽子のシトラスタルト」です。

「緑の帽子パスタ」と「青い帽子のシトラスタルト」

▲「緑の帽子パスタ」と「青い帽子のシトラスタルト」

お土産を購入したいのならば、コケムス内の「ムーミン谷の売店」でムーミンキャラクターのぬいぐるみやマグカップ、お菓子などを購入することが出来ます。

豊富な関連グッズが揃ったショップ「ムーミン谷の売店」

▲豊富な関連グッズが揃ったショップ「ムーミン谷の売店」

株式会社ムーミン物語広報の池田明子氏はムーミンバレーパークの見どころについて次のように語ります。「やはりムーミン好きな皆様にも、知らない人にも見ていただきたいのは、エンマ劇場で行われるムーミンキャラ全員参加のショーです」

株式会社ムーミン物語広報の池田明子氏(写真右)

▲株式会社ムーミン物語広報の池田明子氏(写真右)

他にも「おさびし山エリア」には「ヘムレンさんの遊園地」や、「ムーミン一家が移り住んだ灯台」や「飛行おにのジップラインアドベンチャー」などアトラクションがたくさんあります。記者たちは前半頑張りすぎてこのエリアに挑戦する前に時間切れになったので、皆さんは体験してみてください。

気になる入園料金ですが、大人は1,500円(税込)、子供(4歳以上小学生以下)は1,000円(税込)です。3歳以下は無料ですので、小さいお子様がいるご家庭にはとてもお得だと思います。一部のアトラクションは別料金になっているので、事前にWEBサイトを参照しておくと慌てないですみます。車で来園する方は駐車場代が平日1,500円(税込)、土日は2,500円(税込)かかるので気をつけましょう。電車で来園する人は西武池袋線飯能駅から、メッツァビレッジ行きのバスが運行しているのでそれを利用するのもアリです。

ムーミンバレーパークは新しい恋をしたい人にとって最適なデートコースです。もちろん女子会や家族向けにもオススメですよ。春の宮沢湖畔の休日をゆったりと楽しんでください。

ムーミンバレーパーク
◆住所: 〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
◆お問合せ:0570-001-630
◆営業時間:平日、土日祝10:00~20:00
◆オンライン予約:https://ticket.metsa-hanno.com/

レポーター:高橋みち(株式会社ミシェルエンターテイメント)
ライター:冨山孝幸

Category|#travel